Skip to content


国連科学委員会:福島第1原発事故「明確な健康影響ない」via 毎日jp

東京電力福島第1原発事故による周辺住民の健康影響を調べている国連科学委員会は 27日までに、事故後1年間の甲状腺被ばく線量を推計し、原発から30キロ圏外の福島県の1歳児は最大66ミリシーベルト、30キロ圏内にいて避難した ケースでも最大82ミリシーベルトとする報告書案をまとめた。「被ばく線量は少なく、健康への明確な影響はないとみられる」としている。

続きは 国連科学委員会:福島第1原発事故「明確な健康影響ない」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Norma Field says

    国連科学委員会(UNSCEAR)はいかにWHOとちがって、IAEAから独立しているのか、知りたいところです。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.