福島第一原子力発電所事故に伴う警戒区域内に残された牛における人工放射性物質の体内分布を明らかに via 東北大学

この度、東北大学加齢医学研究所の福本学教授らの研究グループは、福島第一原発事故での警戒区域設定に伴って区域内に残された牛について、γ線放出 核種の放射能濃度を臓器別に計測し、人工放射性物質の体内分布を明らかにしました。これは、福島原発事故に関連して警戒区域内に残された牛の放射性物質の 体内分布とその関連因子についての系統的な研究成果です。本研究は平成25年1月23日付のPLOS ONE誌に掲載されました。

詳細(プレスリリース文)PDF

続きは福島第一原子力発電所事故に伴う警戒区域内に残された牛における人工放射性物質の体内分布を明らかに

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.