Skip to content


放射能から頭離れすっきり 福島市長、大阪訪問で発言 via 47NEWS

 瀬戸孝則福島市長は15日、大阪市役所で橋下徹大阪市長を表敬訪問した際、冒頭のあいさつで「久しぶりに放射能から頭が離れまして、すっきりしているところでございます」と発言した。

瀬戸市長は表敬訪問後、記者団に発言の真意を問われ「毎日放射能に追っ掛けられているから、放射線量とか食品検査とか風評被害だとか賠償だとか、そんなことで(頭が)いっぱいですからね」と釈明。

福島第1原発事故を受け、除染で生じる廃棄物の取り扱いについても「持っていくところがないんです。自分のところの庭に安全に(保管)。意外とセシウムっていうのは安全に保管できるんですよ」との認識を示した。

全文は 放射能から頭離れすっきり 福島市長、大阪訪問で発言

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    なぜ市長の返答を「釈明」と形容する必要があるのでしょうか。ほとんど無意識のうちにこうした表現が出てきた気がしますが、当然ながらジャーナリストはことばに対して敏感でなければなりません。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.