Skip to content


丸木夫妻の反原発の想い引き継ぐ 太陽光発電を復活させた丸木美術館 via Actio

埼玉県東松山市にある「原爆の図 丸木美術館」では、この夏から全館の電気を太陽光発電でまかなう、すでに太陽光パネルの設置を終え、いよいよ8月には稼働を開始する予定だ.

(中略)

[丸木]俊氏は定期的に発行する丸木美術館ニュースで、「原発止めないと原発に殺される」を連載。そこで原爆投下の10日後に広島に入り、腸出欠が3ヶ月続いて死にそうになったことを書いている。「残留放射能というものがどの様に恐ろしいものであるかということをつくづくと知らされました」「原爆の放射能と原発の放射能は同じものなのであります」。

1989年1月に労協電力福島第二原発で再循環ポンプの破損事故が発生したことをきっかけに、その後原発分の電気料金の支払いを拒否。集金にきた東電の社員に対して丸き夫妻は水力と火力発電の分だけを支払うと訴えた。

「原子力発電は危険ですから止めてください。と、言っているのです。東電さんは勝手に原発の電気を送電しているのですから払う必要はないのです。」

それに対し東京電力は1年以上にわたって送電を停止。丸木夫妻は当初LPガスの発電機による自家発電で対抗していたが、全国から寄せられた寄付金で1990年8月6日に太陽光発電を開始した。

全文は丸木夫妻の反原発の想い引き継ぐ 太陽光発電を復活させた丸木美術館

 

 

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.