Skip to content


線量計紛失、新たに19件 未装着も5件発覚 東電 via msn.産経ニュース

東京電力は23日、福島第1原発事故の収束作業中に、社員や下請け企業の作業員による警報付き線量計(APD)の紛失が19件、未装着での作業が5件あったことが、新たに判明したと発表した。

一緒に作業した同僚の線量計などから、被ばく線量は最大で0.72ミリシーベルトと推定され、過大な被ばくはなかったとしている。東電は「管理が十分でなかったことを反省している。再発防止に努める」としている。

作業員が被ばく線量を抑えるために線量計を鉛板カバーで覆っていた問題などを受け、記録が残っている昨年6月以降の装着状況を調べた。東電はこれまで紛失1件、未装着3件を公表していた。

続きは線量計紛失、新たに19件 未装着も5件発覚 東電

♢ 当サイト既出関連記事:

線量計に鉛板、東電下請けが指示 原発作業で被曝偽装 via 朝日新聞デジタル

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.