Skip to content

「脱原発の灯 国会包囲」 の市民運動 via News for the People in Japan

  この現象は、好むと好まざるとにかかわらず、日本社会の一断面をリアルに捕らえている。そこで7月30日付朝刊6紙を点検した。 朝日新聞と東京新聞が1面トップ扱い。朝日は2面に詳報、東京は社会面トップに扱っていた。毎日新聞は社会面2番手扱いだった。 他の3紙の扱いや如何に? 読売新聞が第2社会面、日経新聞社会面、産経新聞が第3社会面に、すべてベタ扱いだった。

  市民運動について、これほど鮮明に評価が分かれたことに驚かざるを得ない。 NHKなどのテレビ放映も冷淡であるため、世の中の情報を遮断された一般国民が多いのではないか。


全文は「脱原発の灯 国会包囲」 の市民運動

Posted in *日本語.

Tagged with , , .

0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.