Skip to content


「脱原発へ!エネルギー政策の転換を」シンポジウム報告 via 医療福祉生協連

医療福祉生協連「脱原発へ!エネルギー政策の転換を」シンポジウム報告
~「脱原発に向けた提言」と「除染活動の緊急性」など確認~

医療福祉生協連(東京都新宿区、髙橋泰行会長理事)は、このたび「原発事故対応・将来にわたるエネルギー政策に関する提言」をまとめ、3月30日 に標記のシンポジウムを開催しました。提言をまとめるにあたって、15医療福祉生協(福島県内5医療福祉生協含む)でアンケートを実施しました。

<シンポジウムの概要>
◇開催日:2012年3月30日(金)13時~16時30分
◇会 場:日本大学歯学部2号館地下1階第一講堂(千代田区神田駿河台)
◇プログラムと要点:
■開会挨拶:馬場 康彰(医療福祉生協連理事 原発事故放射線被害対策委員・医療生協健文会専務理事)
■報告:「原発事故・放射線被害とエネルギーに関するアンケート結果とその分析」(要点)
佐藤 英仁 東北福祉大学専任講師
(1) 福島県内5生協と福島県以外の10生協3000名対象⇒2505名回収・回収率83.5%。
(2) 日ごろから放射線の影響を受けていると思う⇒福島県70.5%:福島以外34.7%
(3) 今回の放射線事故で家族が病気にかかる可能性があると思う⇒福島県40.1%:福島以外21.9%
※全国と福島限定、年齢別クロス集計などを含め興味深い・評価できる集計結果となった。

続きは「脱原発へ!エネルギー政策の転換を」シンポジウム報告

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. goodness says

    thanks for sharing
    breaking naija news



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.