Skip to content


原発風景を淡々と映し出す映画『アンダー・コントロール』監督、福島第一原発で働く作業員に同情!「地獄のような状態だった……」 via シネマトゥデイ

[シネマトゥデイ映画ニュース] 12日から公開される、原発のある風景を冷静な視点で切り取ったドキュメンタリー映画『アンダーコントロール』のフォルカー・ザッテル監督が撮影中のエピソード、そして福島第一原発への思いを語った。映画『アンダー・コントロール』フォトギャラリー

ザッテル監督は、本作を通じて、「原発とはどういうものなのか」を、反対派でも推進派でもない立場から冷静に映し出した。映画には、ドイツの原子 炉立屋の内部、制御室、原子炉の様子、廃炉が決定した原発の解体作業の様子……と通常では絶対に撮影することができない風景が映し出される。施設側との粘 り強い交渉を続けた結果、必死の思いで撮影権を手に入れたという監督を待ち受けていたのは想像を絶するような過酷な撮影だった。「年に一度のタイミング で、原発は閉鎖されて保守点検されるんだけど、僕らはこのタイミングで撮影をしたんだ。高濃度の放射性物質を避けるために、防護服を着込み、手袋を二重に つけた。撮影用具一式も汚染されないよう、絶対に下に下ろしちゃいけない、といわれていたから、暑くて暑くて空気が悪い。原子炉に近づくにつれ、どんどん 暑くなって、中は40度を超えたんだ。地獄のような状態だったよ」と、当時を振り返った監督は、テレビのニュースで福島第一原発の作業の様子を見るたび に、胸が張り裂けそうになったという。「僕らは実際にあの場所にいたから、あそこがどれほど地獄のような場所かよく分かる。どれほど暑いかを知っているの で。原発で働く作業員というのは、ドイツでも社会的に立場が弱い人が多い。日本でもそうなのかな? 知識の高いエンジニアたちが、あそこで作業員として働 いているとは到底思えない」

続きは原発風景を淡々と映し出す映画『アンダー・コントロール』監督、福島第一原発で働く作業員に同情!「地獄のような状態だった……」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.