Skip to content


福島第1原発・吉田昌郎所長 一問一答 「甘かった部分がある」via MSN産経ニュース

福島第1原発の吉田昌郎所長と記者団の一問一答は次の通り。

--今伝えたいことは

「福島県の皆さま、国民の皆さまもそうですが、発電所で事故を起こし、ご迷惑、ご不便をおかけしたことについて、心よりおわび申し上げたい。政府や民間企業の協力もあり、何とか安定した状態にもってこられた。福島県、日本全国、世界から支援の手紙をいただいたりして、本当に励みになった」

続きは 福島第1原発・吉田昌郎所長 一問一答 「甘かった部分がある」

 

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    『反対派でも推進派でもない立場』というのは、単に多くの人にアピールする修辞だと思いたい。(その善し悪しは別にして)。そういう『中立』の立場は実は、現状維持の何ものでもなくて、既存の状態が原発推進である国においては、原発推進派と同じ。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.