選挙:山口・上関町長選 あす告示 「原発抜き」の将来像争点 via mainichi.jp

◇見えぬ国のエネルギー政策

中国電力(広島市)が上関(かみのせき)原発建設を計画している山口県上関町の町長選が20日に告示される。投開票は25日。3選を目指す現職の柏原重海氏(62)と、前町議で新人の山戸貞夫氏(61)の一騎打ちになる見通しだ。柏原氏は原発推進派、山戸氏は反対派で、両派の対決は9回目。2氏の対決は03年以来2回目となる。町長選では推進派が当選し続けてきたが、野田佳彦首相は「新規原発建設は困難」と表明。原発の賛否を巡り、約30年に及んで固定化してきた町長選の構図は変わりつつある。【小中真樹雄、遠藤雅彦】

「原発財源が期待できないとなると、別の行き方を考えなくてはならない」。柏原氏は9月町議会の議場で語気を強めた。福島第1原発事故後も「町活性化に原発関連の交付金は必要」との立場を変えていないが、町長選の争点は「原発抜き」も想定した町の将来像をどう描けるかにかかってきたからだ。

続きは 選挙:山口・上関町長選 あす告示 「原発抜き」の将来像争点

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

3 Responses to 選挙:山口・上関町長選 あす告示 「原発抜き」の将来像争点 via mainichi.jp

  1. Lahaina Luna says:

    原発反対の署名をカリフォルニアとハワイで集めて送りました。
    外野がいくら頑張ってみても最後は住民の民意で決まります。
    福島に学んで何を優先するか、目先の一時的な経済か農水産業の出きる安全な環境か
    大きな画面で見極めてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.