Skip to content


チェルノブイリ訪ね学ぶ via asahi.com

2011年09月17日

●住民の健康 放射線の影響 除染…

チェルノブイリ原発事故の教訓を県の復興に役立てようと、自治体の代表や研究者らの調査団が10月31日から11月7日までウクライナの 現地や隣国を訪問する。事故から25年が経過した現状や、住民の健康管理や放射線の影響、除染をどう進めてきたかについて聴くことにしている。

◎自治体代表や福大研究者ら「肉声から教訓を」/来月末~11月

調査団は南相馬市、浪江町などの担当者や福島大学災害復興研究所の研究者らで構成する。復興計画や原発事故対応、除染などにかかわる県職員も加わり、総勢30人ほどになる見通し。

同研究所の清水修二所長(地方財政論)が「チェルノブイリに学ぶことは少なくない。現地の肉声から教訓をつかみ取っていきたい」と呼びかけた。

続きはチェルノブイリ訪ね学ぶ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.