Skip to content


【坂本龍一、福島で語る】via msn.産経ニュース

(上)「福島から現状とビジョンを発信しよう」

2011.9.5 15:40 (1/2ページ)

屋外フェス「FUKUSHIMA!」のステージをバックに立つ坂本龍一さん。足元には、表面被曝を防ごうと大風呂敷が敷き詰められた=福島市の自然公園「四季の里」(堀口葉子撮影)

先月、福島市で地元ゆかりの音楽家や詩人らが開いた野外フェス「FUKUSHIMA!」に音楽家、坂本龍一さんが駆けつけた。東日本大震災以降、初めて訪れた福島の地で坂本さんは何を感じたのか。音楽、エネルギー、そして暮らしについて語ってもらった。(堀口葉子)

JR福島駅から車で25分。吾妻連峰の麓にある自然公園「四季の里」でフェスは行われた。

「車から見る景色は、一見、緑豊かな田園風景が広がっているんですが、(東京電力福島第1原子力発電所の事故で)こののどかな土地に放射性物質が降ってしまった。景色がきれいな分、にがい思いがする」と坂本さんは眉をひそめる。

続きは(上)「福島から現状とビジョンを発信しよう」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Masakozu says

    そのある程度の賃金テキスト、私はこれの目標を理解することはできません。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.