コメや牛乳は100%地元産 松本市の給食は「内部被ばくゼロ」  via Jcast ニュース

放射性物質が体内に取り込まれる「内部被ばく」から子どもたちを守ろうと、独自の取り組みを進めているのが長野県松本市だ。市内にある公立校や保育園、幼稚園の給食に使われる食材を、「放射性物質ゼロ」に限定しているという。

市長は、チェルノブイリ原発事故後に現地で医療支援を行った経験から、内部被ばくの恐ろしさについて警鐘を鳴らし続けている人物だ。

 

続きはコメや牛乳は100%地元産 松本市の給食は「内部被ばくゼロ」

 

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.