Skip to content


福島県川俣町:住民の6割以上 除染の効果に否定的 via 毎日jp

福島県川俣町は4日、東京電力福島第1原発事故で計画的避難区域となった同町山木屋地区住民の意向調査の結果を発表した。半数以上は区域が再編されても放射線量が一定量まで下がらなければ帰還しないと考えており、6割以上が国が計画している除染の効果に否定的だった。(中略)

帰還については738人が回答し、「全体が年間1ミリシーベルト以下なら帰還」244人▽「宅地農地が 年間1ミリシーベルト以下なら帰還」81人▽「同5ミリシーベルト以下なら帰還」17人−−など半数以上の計374人が線量の一定量までの低下を条件に挙 げた。3割の221人は「帰還するつもりはない」と答えた。

全文は福島県川俣町:住民の6割以上 除染の効果に否定的

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.