Skip to content


2012/04/07 『核の傷』公開記念 肥田舜太郎氏講演会 via IWJ Independent Web Journal

2012年4月7日(土)、東京都渋谷区のアップリンクで行われた、『核の傷』公開記念 肥田舜太郎氏講演会の模様。

肥田舜太郎医師(95歳)は戦後67年にわたり原爆被爆者の治療にあたり、現在問題になっている放射線による内部被曝を日本で最初に警告し、その危険性を 訴えてきました。福島原発事故後は早くから政府に子供の疎開を訴え、現在の危機に対し緊急の提言を発しています。自らも広島の被爆者であり2012年現在 では唯一存命の被爆医師であります。

映画『核の傷 肥田舜太郎医師と内部被曝』は広島での被爆者治療を原点とする肥田医師のあゆみを追いながら原爆の脅威とその隠された戦後史を告発したド キュメンタリーです。仏監督のマーク・プティジャン氏は福島事故をTVで見たとき「肥田先生はまるでこの事故を予言していたようだった」と感じたそうで す。映画はフランス、ロシア、カナダでTV放送されました。

福島の事故後、日本各地での取材や講演に応え続けている肥田医師が渋谷アップリンクでの映画公開を記念し、予約者で満席となった観客の前で講演を行いました。

記事の続き、動画視聴は 2012/04/07 『核の傷』公開記念 肥田舜太郎氏講演会

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.