Skip to content


東北の主要企業 脱原発依存「賛成」46.5% via 河北新報

東京電力福島第1原発事故を受け、国民的関心が高まる「脱原発依存」について、東北の主要企業の半数近くが賛成の意向を持っていることが、河北新報社が行ったアンケートで分かった。「賛成」に「どちらかといえば賛成」を加えた賛成派は46.5%に上り、「どちらかといえば反対」を含む反対派の12.7%を大きく上回った。ただ「分からない」も40.8%あり、政府のエネルギー政策が定まらない中、判断を迷っている様子もうかがえた。

[...]

原発事故の風評被害についての質問では、全体で「ある」が45.2%、「大いにある」が15.1%となり、事故の影響の大きさが裏付けられた。「ない」は39.7%。
 「大いにある」と「ある」の合計の県別は、秋田(25.0%)を除く5県で5割を超え、最も高い福島は87.5%となった。業種別では食品・外食が全社、総合・専門商社の87.5%が被害を訴えた。
 具体的な被害では福島県の小売業が「社員の定着や新規採用が難しい」とし、山形県の製造業は「輸出する機械に関して放射能の測定結果を求められる」と指摘した。

続きは東北の主要企業 脱原発依存「賛成」46.5%

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.