Skip to content


「私も、被ばくした」――蓮池透が語る、原発労働の実態(前編)via Business Media誠

北朝鮮による拉致問題が注目されたとき、被害者家族として“時の人”となった蓮池透さん。しかし彼が東京電力で、しかも福島第1原発で働いていたことを知っている人は少ないだろう。

蓮池さんは原発でどのような仕事をしてきたのだろうか。また今回の大惨事を、どのように見ているのだろうか。前後編でお送りする。

※本記事は6月4日に開かれたシンポジウム「そこで働いているのは誰か――原発における被曝労働の実態」の講演内容をまとめたものです。

 

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Norma Field says

    これから、こうした思いがけない原発とのつながりがいろいろ語られることでしょう。「思いがけない」とはこちらが知らなかっただけともいえますが、重要なのは今まで語られてこなかった〜当事者が語る必要を認めなかったか語りたくなかった、あるいは語ることができなかった〜原発体験が世に出てくることです。それによって数値や専門的分析では伝わらないものがひろく受け止められるのではないでしょうか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.