Skip to content


『校庭の土、校外持ち出し不要 文科省が処理方法提示』 via 日本経済新聞

 福島県内の学校の校庭などで通常より大幅に高い放射線量が検出されている問題で、文部科学省は11日、表層の土を削って放射線量を減らす方法を同県などに伝えた。表層5センチ分の土を除去すれば線量が大幅に低下するとし、袋に入れて地中に埋める方法と下層の土と入れ替える方法の2つを示した。

 実際に採用するかは自治体に任せるが、「国が費用を負担することも検討する」(同省の笹木竜三副大臣)という。

続きは『校庭の土、校外持ち出し不要 文科省が処理方法提示』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.