Daily Archives: 2011/05/31

In Japan, a Culture That Promotes Nuclear Dependency via The New York Times

KASHIMA, Japan — When the Shimane nuclear plant was first proposed here more than 40 years ago, this rural port town put up such fierce resistance that the plant’s would-be operator, Chugoku Electric, almost scrapped the project. Angry fishermen vowed … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 24 Comments

「原発依存は日本の現実」と米紙 補助金頼りの構造指摘 via 47NEWS

【ニューヨーク共同】5月31日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、福島第1原発事故で原発の安全性に深刻な懸念が生じた後も、日本で草の根の大規模な反対運動が起きないのは、政府や電気事業者から支出される補助金に依存する地域構造があるからだと分析する長文の記事を掲載した。 「日本の原発依存」という見出しの記事は、補助金や雇用が日本の原発を「揺るぎない現実」にしていると報道。 松江市の島根原発を取り上げ「40年以上前に立地の話が持ち上がった時は、地元の漁村が猛反対し、中国電力は計画断念寸前に追い込まれた」と指摘。しかしその約20年後には「漁協に押された地元議会が3号機の新規建設の請願を可決した」とし、背景に公共工事による立派な施設建設や潤沢な補助金があったと伝えた。 続きは 「原発依存は日本の現実」と米紙 補助金頼りの構造指摘  

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 3 Comments

津波の危険、過小評価と指摘 via Reuters

福島第1原発事故の原因解明に向け来日中の国際原子力機関(IAEA)の調査団がまとめた報告書の素案が31日、明らかになった。津波の危険性を過小評価していたと指摘したほか、規制当局の経済産業省原子力安全・保安院の独立性などを求めている。 調査団は6月1日に官邸を訪れ、日本政府に手渡す。 IAEA関係者によると、素案は「津波の危険性は明らかに過小評価されていた」として「原発の設計者や運営者は、天災のリスクの評価手法を最新の基準に更新し、きちんと評価すべきだ」と注文をつけた。 保安院について「定期的な審査も含めて、深刻な事故に適切に対処し、取り締まりの独立性が保たれるべきだ」と言及。IAEAが過去にも指摘したのに引き続き、保安院の独立性を確立するよう求めた。 津波の危険、過小評価と指摘  

Posted in *日本語 | 3 Comments

6.11 脱原発100万人アクション

6月11日は、福島原発震災から3ヶ月。今なお放射能の放出は続いています。 私たちは、人や自然を傷つける電気はいりません。 全国各地域の人々とともに、 6月11日に脱原発を求める100万人アクションを呼びかけます。 6月11日は、声をあげましょう! 今こそ脱原発へ!! 賛同者を大々募集します! 署名フォームはこちらから。6.11 脱原発100万人アクション

Posted in *日本語 | Tagged , | 43 Comments