Daily Archives: 2011/05/30

ふくいちライブカメラ(TEPCO)

福島第一原子力発電所1号機~4号機の映像をリアルタイムで配信しています。 ふくいちライブカメラ

Posted in *日本語 | Tagged , | 8 Comments

Germany Nuclear Power Plants To Be Entirely Shut Down By 2022 via Huffington Post

BERLIN — Europe’s economic powerhouse, Germany, announced plans Monday to abandon nuclear energy over the next 11 years, outlining an ambitious strategy in the wake of Japan’s Fukushima disaster to replace atomic power with renewable energy sources. Chancellor Angela Merkel … Continue reading

Posted in *English | Tagged | 9 Comments

独世論背景に脱原発 via Tokyo Web

【ベルリン=弓削雅人】ドイツの連立与党は三十日、二〇二二年までに「脱原発」を実現することで合意し、主要国の中では初めて「脱原発」政策を進める姿勢を鮮明にした。福島第一原発の事故後も米国、フランス、ロシアのほか、新興国の中国などが原発推進の立場を堅持する中、独政府は“核アレルギー”が根強い国民世論を背景に、脱原発路線を加速させたといえる。 ドイツでは社会民主党(SPD)と緑の党の左派連立政権が二〇〇〇年、原子炉(十七基)を二二年ごろに全廃する政策を法制化。その後、政権は右派連立になり、廃止行程は変化したが、原発廃止の基本路線は維持されてきた。このため、メルケル政権の決断は福島の事故をきっかけに後戻りしつつあった行程が当初予定に戻っただけともいえる。 欧州諸国は二十五年前の旧ソ連・チェルノブイリ(現ウクライナ)原発事故による放射能汚染で、強い恐怖を体験した。ドイツは今も原発不信が強く、最新の世論調査では原発廃止を求める意見が80%以上と圧倒的だ。 ドイツの原発による電力供給量は現在22%ほどで、再生エネルギーは約16%とされる。しかし、隣国フランスは約77%を原発でまかない、原発輸出を基幹産業とするため、国民も現実的判断に傾く。経済発展途上の東欧諸国は電力需要の伸びから「脱原発」は難しい状況といえる。 これまで、平均十二年の延長としていた原子炉の稼働期間について、メルケル政権はより踏み込んで十年後の撤退という明確な期限を初めて示した。 世論調査では、五年以内の「撤退」に賛同する意見も六割以上あり、早期の脱原発は国民の望みといえる。原発の代替となる自然エネルギー開発のコストは膨大だが、産業界には新たなビジネスチャンスとの意識も高く、脱原発を後押しした側面もありそうだ。 独世論背景に脱原発

Posted in *日本語 | Tagged , | 4 Comments

東日本大震災:東電社員2人被ばく、250ミリシーベルト超 甘い対策、現場悲鳴 via 毎日jp

◇「放射線管理員、来ない」「上限上がり怖い」 東京電力福島第1原子力発電所で復旧作業にあたっている東電社員2人が、緊急時の上限250ミリシーベルトを超える被ばくをしていた疑いが強まった。しかも、放射性物質を体内に取り込む「内部被ばく」が大半とされる。取材に応じた作業員らの証言からは、現場の汚染がひどく、対策が追いついていない実態が浮かぶ。労災問題の専門家は「このままでは健康被害が深刻化する」と警告している。【町田徳丈、池田知広、日下部聡】 「放管」。作業現場に元請け会社などから派遣される「放射線管理員」はそう呼ばれるが、下請け会社のベテラン作業員(64)は「最近、放管が来ないケースが増えている」と話す。 放管は、作業員が過度の被ばくをしないよう現場で放射線量を計測し、平常時なら汚染レベルの高い区域での作業には必ず同行していた。だが、今は朝のミーティングで元請けから前日の調査結果を知らされるだけで、放管が同行しないこともしばしばという。「高線量のがれきが転がっていて(放管が同行しないと)不安なんだけどね」と男性は言う。 40代の男性作業員は「放管がいないと自分がどのくらい放射線を浴びているのか現場で確認できない」とこぼす。線量計は防護服の内側に付けるために見られず、積算線量が上がったことを示すアラームが鳴っても全面マスクのため聞こえないこともある。緊急時の作業における被ばく線量の上限は以前の100ミリシーベルトから震災後は250ミリシーベルトまで引き上げられた。男性は「どんどん上げられて、怖いですよ」と漏らした。 続きは 東日本大震災:東電社員2人被ばく、250ミリシーベルト超 甘い対策、現場悲鳴  

Posted in *日本語 | Tagged , | 3 Comments