Skip to content


核のごみ処分場が決まるの? 北海道寿都町応募検討 進展に道の同意必要=回答・山下智恵 via 毎日新聞

(略)

 記者 片岡春雄(かたおかはるお)町長が8月中旬、高レベル放射性廃棄物(ほうしゃせいはいきぶつ)最終処分場選定(せんてい)に向けた文献(ぶんけん)調査への応募を検討すると表明しました。

(略)

Q 選定はどうやって進むのかな。

 A 論文やデータを事前に調べる文献調査(約2年)▽ボーリングし地質を調査する概要(がいよう)調査(約4年)▽地下施設を作る詳細(しょうさい)調査(約14年)の3段階で決まります。

 Q 交付金が出るんだってね。

 A 見返りに国から文献調査で最大20億円、概要調査で最大70億円の交付金が出ます。

(略)

A 町内の賛否は分かれています。次の調査段階に進むには首長と知事の同意が必要ですが、鈴木直道(すずきなおみち)知事は反対の立場のため、文献調査に応募しても概要調査には進めません。

 Q それでも町長が応募したいのはなぜ?

 A 町の年間予算は約56億円。文献調査の交付金20億円でも魅力的(みりょくてき)です。根底には「原発があるのに最終処分場の議論をしないのはおかしい」との町長の政治信条もあります。応募の是非は別として処分や選定の方法などの議論は必要です。(北海道報道部)

全文は核のごみ処分場が決まるの? 北海道寿都町応募検討 進展に道の同意必要=回答・山下智恵

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.