Skip to content


9.28 被ばく学習会 福島県甲状腺検査は必要ですvia 放射線被曝を学習する会

「県民健康調査」検討委員会は7月、2巡目甲状腺検査結果と放射線被ばくとの関連を否定しました。

 さらに、今秋にも予想される新委員の手で、甲状腺検査対象者に送る「お知らせ文」改訂案を審議・決定し、甲状腺検査のメリット・デメリットを強調して、検査を受ける人を減らそうとしています。

 9月28日(土)午後、第52回被ばく学習会

「福島県甲状腺検査は必要ですーお知らせ文改訂案撤回に向けてー」を開催します。

http://anti-hibaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-476ab8.html

 検査不要論が登場してきた経緯を振り返り、甲状腺検査を受ける当事者のお話、

福島の甲状腺がん団体からのメッセージ、そして甲状腺検査デメリット論の問題点を通じて

お知らせ文改訂案の不当さをあきらかにしていきます。

皆さま、ぜひご参加ください。

9.28 被ばく学習会「福島県甲状腺検査は必要ですーお知らせ文改訂案撤回に向けてー」

日 時:9月28日(土)1時開場 1時15分~5時15分

会 場:文京区アカデミー茗台7階・学習室B

文京区春日2-9-5

地下鉄丸の内線「茗荷谷」駅8分 

都営バス都02系統「小石川四丁目」より徒歩3分

茗台中学校と同じビル、隣りの入口から

http://bit.ly/2m2MxfC

内 容:◆甲状腺検査の8年:検査不要論へ 田島直樹(放射線被ばくを学習する会・講師)

◆当事者の立場から 鴨下祐也さん(ひなん生活をまもる会)

◆メッセージと電話:担当 田島直樹

千葉親子さん(福島・あじさいの会)

武本 泰さん(福島・311甲状腺がん家族の会)

◆NO! 甲状腺検査のデメリット論 瀬川嘉之さん(高木学校、放射線被ばくを学習する会・世話人)

資料代:1000円

申込先:anti-hibaku@ab.auone-net.jp 

       電話:090-3577-4844(温品;ぬくしな)

PDF:http://anti-hibaku.cocolog-nifty.com//blog/files/20190928tirasi.pdf 

全文

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.