Skip to content


オープンフォーラムプロジェクト@郡山対話の会

~~ひとり一人の声に耳を傾ける対話~~

「あれから8年、震災で気づいたこと。」

(変わった事。変わらない事。)<拡散希望>

【日 時】2019年5月26日(日) 

午前の部:10:00~

Lunch Time :13:00~14:00

午後の部:14:00~17:00(延長もあり)

途中入退場OKです

午前のみ、午後のみ、一日参加どちらでも歓迎します。

【場 所】郡山市小原田公民館 和室2

所在地/〒963-8835 福島県郡山市小原田4丁目3−4

最寄りバス停(小原田四丁目 図景二丁目 小原田一丁目 )

【参加費】500円(場所代等)

【主 催】郡山対話の会

震災から8年目の3月・・・

 「ふさいだ口をパット開いてみる」というテーマで対話をしてみたら、ビックリ箱が開いたように、いろんな思いがあふれてきました。

 故郷から避難して、「ふるさと」の大切さに気づいた人がいました。

 いざとなれば国は国民を守ってくれるという神話は幻影だっと気づかされた人がいました。

 震災はネガティブなことだけじゃなく、本当の自分に出会うターニングポイントだった言う人がいました。

 3,11の震災は「人生最大の出来事」であったかもしれないし、「もう終わって通り過ぎていった事」かもしれないし、「我人生にはもっと大きな出来事がある。」と言いたい人もいるかもしれません。

 例えば・・・

Aさん:行政に任せっきりの受け身な態度で、他人の責任は追及するが、自分の責任はあいまいにしている自分に気づいた。

Bさん:東電や国って、そういう、個の責任感からくる感情的反応を多少、利用してない??

Cさん:えーなんかさ、さっきから聞いていると「自分はやってきたけど、あんたはどーなんだ?」って上から目線で責められているみたいで。凹むわ~。私なんか、知識が低くて知性が乏しくて、浅いわよ。行政やお国がやってるんだから大丈夫なんじゃないの?って信じてきた。そのために税金を払ってるんじゃないの。

[…]

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.