Skip to content


ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン~インラサラ氏・スピーキングツアーviaレイバー・ネット

●インラサラ氏・スピーキングツアー 「ベトナムは原発輸入計画を中止しました!」 http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1506 チラシ http://nonukesasiaforum.org/japan/wp-content/uploads/2019/04/Inrasara.pdf .pdf 
[...]

共催:沖縄環境ネットワーク、沖縄大学吉井美知子研究室、原子力資料情報室、原発いら ない福島の女たち、国際環境NGO FoE Japan、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャ パン 後援:一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト、日本平和学会「3・11」プロジェクト 委員会 ベトナム政府は2016年11月、ロシアと日本による原発建設計画を中止しました。原発建設 予算の倍増および財政難が中止の理由といわれていますが、内外の様々な言論活動なども 影響したと思われます。チュオン・タン・サン前国家主席は白紙撤回の背景について「国 民、特に建設予定地の住民の心配が大きくなった」と述べました(共同通信2017.12.2) 先住民族チャム人の文学者であるインラサラ氏は、2012年4月に小説「チェルノフニット (チェルノブイリとフクシマとニントゥアンの意味)」を執筆しました。また、同年5月 、「原発輸出は非人道的である」とする日本政府への請願書に、インラサラ氏ら多くのチ ャム人を含め626名が命がけで署名しました。インラサラ氏は、圧力や攻撃で命の危機に 直面しながらも原発を止める取り組みを止めませんでした。インラサラ氏はつぎのように も述べています。「福島原発事故の多くの被災者は、我々に大災害を免れる人類の運命に ついて覚醒を促し、それを通して、この危険で苦難に満ちた地球上に生きるすべての人類 に警告してくれている」 原発建設予定地とされたニントゥアン省は、相対的に貧しい地域でチャム人が多く暮らし ているところであり、福島や沖縄にもつながる「構造的な暴力を含む差別」のもとで強引 に原発建設計画が進められようとしていました。 このたび、インラサラ氏を日本に招き、原発を輸出されようとした側の声に耳を傾けたい と思います。
[...]

全文

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.