Skip to content


東電に1億2千万賠償命令 福島地裁支部、信用組合の被害 via 沖縄タイムス

東京電力福島第1原発事故の影響で支店閉鎖などの損害を受けたとして、いわき信用組合(福島県いわき市)と相双信用組合(現・相双五城信用組合、同県相馬市)が、東電に計約14億2千万円の賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁いわき支部は6日、計約1億2千万円の支払いを命じた。

判決によると、原発事故に伴う避難指示でいわき信組は楢葉町の1支店、相双信組は浪江町、大熊町、富岡町の3支店の閉鎖を余儀なくされた。

続きは東電に1億2千万賠償命令 福島地裁支部、信用組合の被害

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.