Skip to content


チェルノブイリに太陽光発電=原発シェルターに隣接-ウクライナ via JIji.com

【チェルノブイリ(ウクライナ)AFP時事】1986年に史上最悪の原子力災害が起きたウクライナ北部チェルノブイリ原発で5日、太陽光発電施設が稼働を始めた。ドイツ企業との合弁事業で、運営会社「ソーラー・チェルノブイリ」のワリャーギン社長は稼働式典で「ウクライナの送電網に本日、接続する」と宣言した。

パネルは、爆発した4号機を覆う巨大なドーム型シェルターに隣接する広大な敷地に設置され、2000世帯分の電力供給が可能とされる。

(略)

チェルノブイリ原発一帯は、太陽光発電用の土地を安く提供できると売り込み、海外からの投資を募っている。(2018/10/06-10:20)

全文はチェルノブイリに太陽光発電=原発シェルターに隣接-ウクライナ

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    太陽光発電は喜ばしいことですが、それを設置する作業員の方々の健康、そしてその方々の生活を支える人々(食堂?クリーニング店?やど?)などが心配です。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.