Skip to content


山林除染「竹林」と偽装 単価10倍、福島市が告訴も via 日本経済新聞

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染事業で、福島市の山林除染を行った下請け業者が、工事単価が10倍高い「竹林」で作業したように装っていたことが、12日までに分かった。市は偽装を見抜けず、竹林の単価で費用を支払った。関係者によると、下請け業者は約1千万円を不正に受け取った可能性がある。市は刑事告訴も視野に、偽装した面積や不正に受け取った金額の特定を進めている。

市によると、現場は同市松川町にある私有地の山林約18万5千平方メートルで、共同企業体(JV)が除染を受注。このうちの約2500平方メートルについて、下請け業者のゼルテック東北(二本松市、3月に閉鎖)が作業場所を「竹林」とJVに報告していた。

山林除染の工事単価は1平方メートル当たり約500円。竹林除染は伐採に手間が掛かるため、1平方メートルにつき約4600円が上乗せされる。

ゼルテック東北は、短く切った竹を地面に差し、竹林で作業を行ったように見せかけた写真をJVに提出していた。

続きは山林除染「竹林」と偽装 単価10倍、福島市が告訴も

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.