Skip to content


東北電力 浪江町に原発予定地を無償譲渡 via 毎日新聞

東北電力は31日、東京電力福島第1原発事故後に新設を断念した浪江・小高原発(福島県浪江町、南相馬市)の予定地のうち、大半に当たる約120万平方メートルを浪江町に無償譲渡することを決めた。原田宏哉社長は記者会見で「(東日本大震災)被災地の電力会社として、地域発展に少しでも貢献したい」と述べた。

(略)

町が取得後、国と県は、新産業創出を目指す「イノベーション・コースト構想」の一環として、小型無人機「ドローン」が離着陸できる試験用滑走路を整備する方針だ。(共同)

全文は東北電力 浪江町に原発予定地を無償譲渡

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.