Skip to content


島根2号機ダクトに腐食による穴 中央制御室換気系で相次ぐ via 東京新聞

中国電力は16日、島根原発2号機(松江市)の中央制御室の空調換気系ダクトに、9カ所計13個の腐食による穴を発見したと発表した。放射性物質の漏れはないとしている。2号機は運転停止中で、再稼働に向け、新規制基準の適合性審査を受けている。

中国電は8日に横約1メートル、縦約30センチの穴を発見したと発表しており、腐食による類似の穴が他にないか点検していた。

中国電によると、見つかったのは直径約1センチの穴12個と、横約1センチ、縦約15センチの亀裂状の穴1個。

続きは島根2号機ダクトに腐食による穴 中央制御室換気系で相次ぐ

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.