Skip to content


福島第一原子力発電所の災害による野生ニホンザルの血球数減少 via NatureAsia.com

Low blood cell counts in wild Japanese monkeys after the Fukushima Daiichi nuclear disaster

2014年7月24日 Scientific Reports 4 : 5793 doi: 10.1038/srep05793 (2014)

2012年4月、我々は、福島市の森林地域に生息する野生ニホンザル個体群を対象として、1年間の血液学的検査を実施した。この地域は、2011年の東日本大震災で環境中に大量の放射性物質を放出した福島第一原子力発電所から70 kmの位置にある。比較のため、同原発から約400 km離れた青森県の下北半島に生息するサルの検査も行った。福島のサルの筋肉中総セシウム濃度は78~1778 Bq/kgの範囲であったが、下北半島のサルのセシウム濃度は全て検出限界未満であった。下北半島のサルと比較して福島のサルは、白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、およびヘマトクリットが有意に低く、幼獣の白血球数には筋肉中総セシウム濃度との間に有意な負の相関が認められた。今回の結果は、何らかの放射性物質による被曝が福島のサルの血液学的変化に寄与したことを示唆している。

落合 和彦1, 羽山 伸一1, 名切 幸枝1, 中西 せつ子2, 石井 奈穂美1, 宇野 大基1, 加藤 卓也1, 今野 文治3, 川本 芳4, 土田 修一1 & 近江 俊徳1

全文はこちら

参考:Low blood cell counts in wild Japanese monkeys after the Fukushima Daiichi nuclear disaster via Nature.com 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.