「選択制」提案に患者家族憤りvia東京新聞

福島原発事故の健康影響を調べるため、福島県の全ての子どもたちが対象の甲状腺検査について、県小児科医会(太神和広会長)が県民に広がる不安を理由に、検査対象の規模を縮小するなどの見直しを県に要望した。これに対し、甲状腺がん患者の家族らは「規模縮小が逆に不安を招く」と強く反対している。(沢だ千秋)[…]

もっと読む。

This entry was posted in *日本語. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.