Skip to content


「選択制」提案に患者家族憤りvia東京新聞

福島原発事故の健康影響を調べるため、福島県の全ての子どもたちが対象の甲状腺検査について、県小児科医会(太神和広会長)が県民に広がる不安を理由に、検査対象の規模を縮小するなどの見直しを県に要望した。これに対し、甲状腺がん患者の家族らは「規模縮小が逆に不安を招く」と強く反対している。(沢だ千秋)[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.