パッキンに亀裂、交換し復旧=伊方原発配管漏れ-四国電 via jiji.com

四国電力は27日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の2次系統水の配管から排水が漏れたトラブルについて、配管のつなぎ目のゴム製パッキンを交換し、復旧したと発表した。パッキンに約2センチの亀裂が入っていた。9月7日に予定している営業運転に影響はないという。

トラブルは26日午後2時すぎに判明。発電用タービンを回すための2次系統水で、不純物を除去する装置の配管から排水が漏れた。四国電は、パッキンに亀裂が入った原因を調査し、再発防止対策を講じるとしている。

(略)

3号機は12日に再稼働。15日に発電と送電を始め、22日に出力100%のフル稼働に入っていた。

全文はパッキンに亀裂、交換し復旧=伊方原発配管漏れ-四国電 

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.