Skip to content


放射線防護服や段ボールシェルターを開発 美浜などの会社via中日新聞

 シール材加工販売会社「ニュークリアテクノロジー」(美浜町金山)は、原子力災害時に使用する放射線防護服と遮蔽(しゃへい)機能を持つ段ボールシェルターを、横浜市の研究会社と共同開発した。佐倉俊治社長(71)は「子どもや高齢者、病人など避難弱者の不安を和らげることにつながれば」と期待する。

 防護服がなく、外出する度に被ばくしているという福島県の子どもの話を聞き、開発を決めた。

 防護服はポンチョやパーカのように羽織る九種類で、親しみやすいよう、柄はチェックや水玉にした。子どもや女性でも着やすいよう、軽量と伸縮、柔軟性を重視したのが特長。

 鉛を組み入れた過去の防護服に加え、近年は金属のタングステンを使用している種類もある。佐倉さんらはタングステンと樹脂を混ぜ合わせて薄いシート状にした。薄くすると遮蔽効果は下がるが、シート表面を波打つよう加工することで防いだ。日本でも珍しい技術という。従来の防護服は二十キロを超えるものもある一方で、新製品は最軽量で一・二五キロ。

[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    再稼働を許さないほうが手っ取り早いのでは。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.