福島の帰還困難区域、一部解除へ 21年度めど、政府方針 via 共同通信

東京電力福島第1原発事故による避難区域のうち、最も放射線量が高い帰還困難区域について、政府が一部を解除する方針を固めたことが17日、政府関 係者への取材で分かった。(略)除染やインフラ整備を2017年度から本格化させ、21年度をめどに徐々に解除する見通しだが、対 象は役場や駅周辺など限定的な場所になるとみられる。

帰還困難区域(対象約9千世帯、約2万4千人)は放射線量が年間50ミリシーベルトを超える地域で、立ち入りが原則禁止されている。面積は約337平方キロ。

全文は 福島の帰還困難区域、一部解除へ  21年度めど、政府方針

当サイト既出関連記事:

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.