Skip to content


「震災・原発…福島産じゃこ、佃煮きっかけ」 みのりフーズ経営者 via 産経ウエスト

カレーチェーン店「CoCo壱番屋」の冷凍カツが横流しされた事件で、カツを購入した製麺業者「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)の実質経営者(78)が記者団の取材に、横流しした産業廃棄物処理業者との取引について「東京電力福島第1原発事故の風評被害で売れ残った福島県産のじゃこを買ったのがきっかけだった」と語った。

■マルコメ味噌…静岡、マグロ切り身も…

この産廃業者は愛知県稲沢市の「ダイコー」で、みのりフーズの実質的経営者は「ダイコーの会長とは東日本大震災のころ、知人を通じて知り合った。じゃこは賞味期限内だったのでつくだ煮にして売った」と話した。

続きは「震災・原発…福島産じゃこ、佃煮きっかけ」 みのりフーズ経営者

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.