Skip to content


原発避難者ら10万人下回る=帰還や転居進む—福島 via The Wall Street Journal

東日本大震災や東京電力福島第1原発事故に伴う福島県の避難者数が10万人を下回り、昨年12月時点で9万9991人になったことが8日、県のまと めで分かった。原発避難指示区域からの強制避難者だけでなく、自主避難者も含む。震災から5年近くが経過し、仮設住宅などを出て、帰還や避難先での定住が 進んでいるとみられる。

県によると、避難者数は、県内避難が昨年12月末時点で5万6463人、県外は同月10日現在で4万3497人。住所の届け出がない避難先不明者は31人だった。

避難者数は2012年5月集計の16万4865人をピークに徐々に減少。昨年1月集計では、12万1585人だった。

続きは原発避難者ら10万人下回る=帰還や転居進む—福島

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.