Skip to content


除染ごみ、新たに5市町でも投棄 福島 via 日本経済新聞

東京電力福島第1原発事故に伴う国直轄除染で作業員が使ったマスクや手袋が福島県内のコンビニに投棄されていた問題で、環境省は16日までに、新たに県内5市町で同様の投棄を確認した。

(略)

新たに投棄が確認されたのは、福島、いわき両市と、川俣、浪江、広野の3町。環境省が10月末から自治体担当者の聞き取り調査を進めていた。

環境省によると、川俣、浪江の2町は国直轄除染の対象地域になっており、他の3市町は作業員宿舎などがある。福島市では宿舎がある住宅街のゴミ集積場に「南相馬市除染」と書かれた安全ベストやヘルメット、長靴が捨てられていた。

住民の通報を受けた環境省の指示で元請け業者が7日に回収した。放射線量は除染用具の基準値(1平方センチ当たり40ベクレル)以下で、環境省によると、環境への影響はないという。

国直轄除染をめぐっては10月、作業に使われたマスクや手袋が福島県伊達市や南相馬市など5市町でコンビニのごみ箱などに捨てられるケースが常態化していることが判明した。

全文は除染ごみ、新たに5市町でも投棄 福島

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.