Skip to content


放射線治療9病床 福島医大の国際医療センター新病棟 国内最大級の拠点目指す via 福島民報

福島市の福島医大で建設が進む「ふくしま国際医療科学センター」で、新病棟となる「ふくしまいのちと未来のメディカルセンター」は放射線治療の9病床を設け、国内最大級の先端医療拠点を目指す。福島医大が11日、概要を明らかにした。

ガンマ線やベータ線などを出す放射線同位元素(RI)を組み込んだ薬剤の内服、投与でがんを治療する「RI内用療法」の拠点として、被ばく医療機能を併せ 持つ災害医療・救命救急センターに位置付ける。原子力災害や廃炉作業での不測の事態を考慮し、被ばく患者をRI病床で治療することも視野に入れている。

メディカルセンターの1~5階は病院、6、7階が放射線医学県民健康管理センターとなる。病院機能のうち、2階は外来部門の甲状腺センター、健康増進セン ター、化学療法センターなどを配置し、3階は総合周産期母子医療センター、4階はRI病棟、血液病棟、女性病棟、5階はこども医療センターが入る。

医大付属病院の778病床のうち、247床がメディカルセンターに移る。個室は131室、複数人部屋は27室。平成28年度の運用を目指している。

続きは放射線治療9病床 福島医大の国際医療センター新病棟 国内最大級の拠点目指す

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.