Skip to content


広島原爆の日:カープ、全員が背番号「86」 via 毎日新聞

原爆が投下された記憶を次世代に継承しようと、プロ野球・広島東洋カープは6日、マツダスタジアムで行われた阪神タイガース戦で、選手・監督ら全員 が背番号「86」のユニホームを着用して試合に臨んだ。セ・リーグの公式戦でチーム全員が統一ユニホームを着用したのは初めて。

(略)

選手らは、胸に「PEACE(平和)」、背中には 「HIROSHIMA(ヒロシマ)」と記されたユニホームと、平和の象徴である白いハトが描かれた帽子を着用してプレーした。【細谷拓海】

全文は広島原爆の日:カープ、全員が背番号「86」

関連記事:

縦読みが仕込まれているのは、8月5日と6日の広島戦。それぞれ新聞のラテ欄の左端を縦に読むと、5日は「広島の勇気と希望カープ」、6日は「86を次世代に伝える」というメッセージが浮かび上がるというものです。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.