Skip to content


除染の損害賠償 5つの寺院と和解成立 (福島県)via 日テレ

京都の東本願寺を本山とする県内の5つの寺院が、原発事故に伴う除染費用を東京電力に請求していた問題で、和解が成立したことが分かった。

東京電力に対し除染費用を請求していたのは、京都の東本願寺を本山とする南相馬市や福島市などの5つの寺院。
いずれも、市町村が定めた「除染実施区域」にあり、除染前の年間の放射線量は、最大3.47ミリシーベルトに上った。

しかし市町村は、寺院は「公共性がない事業所」として除染の優先度は低いと判断。

これに対し、寺院側はお寺は地域住民が集う場所として、自費で除染を行い裁判外紛争解決手続きを申し立てていた。

続きは除染の損害賠償 5つの寺院と和解成立 (福島県)

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.