Skip to content


市内産米使用再開へ 相馬市教委 学校給食来春から via 福島民報

相馬市教委は平成27年度から、小中学校の学校給食で東京電力福島第一原発事故の影響で見合わせていた市内産米の使用を再開する方針を固めた。24日から10月にかけて、3方部で保護者向けの説明会を開く。

市内産を対象にしたコメの全量全袋検査で、放射性セシウムは食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を下回っている。県内他地区でも給食に地元産の食材を使う動きが広がっていることも踏まえ、来春から使用を再開したい考え。

(略)

原発事故発生後、市内産米の使用を見合わせ、県学校給食会を通して県内の他地区産を購入している。

全文は市内産米使用再開へ 相馬市教委 学校給食来春から

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.