Skip to content


「菅元首相の対応、論評する立場にない」 当時官房長官の民主・枝野幸男氏 via msn産経ニュース

東京電力福島第1原発事故に関する政府の事故調査・検証委員会による吉田昌郎元所長ら当時の関係者の調書公開を受け、事故当時の官房長官だった民主党の枝野幸男衆院議員が11日、国会内で行った記者団との主なやり取りは次の通り。

--吉田調書が公表されたことについてどう考えるか

「事故の検証を国民的な視点でやっていただく上で、こうした情報公開がなされたことは大変喜ばしい。ただ、私自身の調書についても、私が求めた何倍もの黒塗りが政府によってなされている。さらに情報公開が進むことを期待している」

--吉田調書について朝日新聞が「9割が吉田さんの命令に反して撤退した」と報道していたことについては

「私自身が吉田調書をまだ読んでいないので答えようがない」

(略)

--非公開となった黒塗りの部分の多さは想像以上だったのか

「全く想像を超えていた。すでに講演とかその他でしゃべっている話がほ とんどで、中二階にテレビがあったことが、なんで黒塗りされなければいけないのだろう。さっぱり意味が分からない。役所が自然体で情報公開について考える とこういうことになるのかなあと思う。想像以上に政府による黒塗りがなされていたことに大変がくぜんとした。特に実質的な秘密と思えないことがたくさん塗 られている」

--黒塗りの部分について政府に対し公開を求める考えは

「ほかも必要以上に黒塗りされているという可能性については、もっと公開すべきだということについては、何らかの形で求めていきたいと思う」

全文は「菅元首相の対応、論評する立場にない」 当時官房長官の民主・枝野幸男氏

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    何故、この記事の見出しが「黒塗り」についてではないのでしょうか。記事の殆どが、そうした情報のコントロールであるのに、この見出しはまるで、気付いて欲しくないかのようなものです。これこそが情報コントロール。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.