原発事故に挑む人たちの姿を追って via 新潟日報モア

福島民報社が長期連載を本に

福島民報社(福島市)は、東京電力福島第1原発事故による放射線の影響に悩み、挑む人たちの姿を追った長期連載を再構成した「福島と原発2 放射線との闘い+1000日の記憶」を出版した=写真=。

長期連載は「ベクレルの嘆き 放射線との戦い」と題し、2013年1月から11月まで5部構成の計96回が福島民報紙面に掲載された。

子どもに対する放射線への影響を心配し、福島県外に自主避難した母親らの心情を丹念に取材。放射線のリスク評価をめぐる専門家や政府の混乱、風評の〓払〓拭(ふっ〓しょく)に苦闘する農林水産業関係者の現状などを浮き彫りにした。

(略)

476ページ。定価2800円(税別)。問い合わせは早稲田大学出版部、03(3203)1551。

全文は原発事故に挑む人たちの姿を追って

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.