Skip to content


原発事故「最後の避難所」、双葉町が旧・騎西高を返還 via TBS News i

震災・原発事故による福島県で最後の避難所となっていた埼玉県加須市の旧・騎西高校が27日、埼玉県へ返されました。

埼玉県加須市の旧・騎西高校は、原発事故の後、2年9か月にわたり福島県双葉町の避難所として使用され、ピーク時には当時の人口の5分の1にあたる、お よそ1400人の住民が避難生活を送っていました。去年12月に最後まで残っていた5人の住民が借り上げ住宅などに移り、避難所は閉鎖されました。

双葉町の伊沢史朗町長は27日、埼玉県庁を訪れ、上田清司知事に対し、旧・騎西高校のカギを返し、感謝の気持ちを伝えました。

続きは原発事故「最後の避難所」、双葉町が旧・騎西高を返還

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.