Skip to content


「賠償、蚊帳の外に」 原発事故集団訴訟 県北住民20人も提訴 via 東京新聞

東京電力福島第一原発事故で被害を受けた住民らが十日に各地裁に起こした集団訴訟で、県内からは那須塩原市な ど県北の住民二十人が、東電と国に計約三億八千百万円の損害賠償を求める訴訟を、東京地裁に起こした。原告側の訴訟代理人によると、県内の住民が集団訴訟 をするのは初めて。

 原告となったのは那須塩原市、大田原市、那須町の七世帯二十人。福島県田村市の住民らとともに、計七十三世帯二百三十四人で、総額約四十六億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 訴状では、原発事故を起こした東電と、行政指導などを怠った国の責任を指摘。栃木県の県北地域は、空間放射線量が福島県内と同程度に高いとし、低 線量被ばくの不安に対する慰謝料千八百万円(一人当たり平均)や自宅の除染費用、食生活などの変化に伴う生活費の増加分などを求めている。

 訴訟代理人の中川素充弁護士は「県北地域は、賠償問題では『蚊帳の外』に置かれている。訴訟で加害責任を追及するとともに、このような不当な線引きを問いたい」と訴えている。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.