Skip to content


タンク近くの井戸から汚染水 福島第一、地下水に広がる via 朝日新聞

【木村俊介】東京電力福島第一原発のタンクから300トンの高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は5日、タンク近くの観測井戸から、放射性ストロンチウムなどのベータ線が水1リットルあたり650ベクレル検出されたと発表した。この件で地下水への汚染の広がりが確認されるのは初めて。

東電は問題発覚後、漏れたタンクなどが並ぶ区画の南側1~2メートルの場所にこの観測井戸を掘った。深さ約7メートル。近くに周囲より高い毎時16ミリシーベルトのベータ線が検出された排水弁があり、汚染水がここから外に漏れ出たとして調べていた。

タンク内の汚染水は1リットルあたり2億ベクレル。7月ごろから漏れ始め、周囲に広がったとみられる。8月19日に漏れが発覚したため、タンク内の汚染水は別のタンクに移している。

続きはタンク近くの井戸から汚染水 福島第一、地下水に広がる

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.