Skip to content


脱原発法案を国会提出=賛同議員100人超-大江健三郎さんら後押し via 時事ドットコム

 遅くとも2020年から25年までの脱原発実現などを定めた「脱原発基本法案」が7日、新党「国民の生活が第一」や社民党など野党の国会議員によって衆 院に提出された。

(中略)
市民団体の河合弘之弁護士によると、脱原発を明記した法案が国会に提出されたのは初めて。7日時点で、同法 案へ賛意を示している国会議員は与野党で少なくとも103人に上った。東京都千代田区の衆院第2議員会館で記者会見した大江さんは「国民、市民が(原発 に)反対の意思をはっきり示すしかない」と強調。同法成立を後押しする決意を新たにした。

全文は脱原発法案を国会提出=賛同議員100人超-大江健三郎さんら後押し

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. kojimaaiko says

    共産党が提出に参加しなかったことが気がかりです。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.