政府のエネルギー政策に批判集中 経団連夏季フォーラム via 日本経済新聞

経団連の夏季フォーラムが19日、長野県軽井沢町で開幕した。初日は外交問題とエネルギー政策を中心に議論。出席者の間では「エネルギー 問題で経済成長を犠牲にはできない」(坂根正弘コマツ会長)として、原発の利用は欠かせないとの意見が大勢を占めた。2030年時点の原発依存度を 「0%」「15%」「20~25%」の3案とした、政府の中長期のエネルギー計画には批判が集中した。

政府は8月末に選択肢を1つに絞ることにしている。いずれも再生可能エネルギーが25%以上必要な計算だ。

続きは政府のエネルギー政策に批判集中 経団連夏季フォーラム

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.