【大飯再稼働を事実上容認】関西広域連合、軌道修正  首相、3閣僚と協議 24時間体制で監視へ via 47News

関西広域連合は30日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について、条件付きで政府に最終判断を委ねる声明を発表、これまでの慎重姿勢を軌道修正し再稼働を目指す政府方針を事実上容認した。

鳥取県伯耆町で開いた会合後、連合長の井戸敏三兵庫県知事は記者団に「政府が出した判断は受け止める。再稼働を期間限定にするかは政府の判断だ」と表明した。

大阪市の橋下徹市長も市役所で記者団に対し「仮に動かしたとしても期間限定は譲れない」と述べ、早期再稼働を事実上容認した。

続きは 【大飯再稼働を事実上容認】関西広域連合、軌道修正  首相、3閣僚と協議 24時間体制で監視へ

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.