Skip to content


福島県が子供たちを避難させない本当の理由 via Urban Pepper

福島県の住人たちは気づき始めました。
自分たちが、人質にされていることに。

人口流出してしまうと税収が減ってしまう

この記事は、前の記事-本当は福島県に何人いるか誰も分らない-の中で投げかけた「『人口を流出させないために、福島県に、どんなインセンティブが働いているのか」に対する答えを導き出そうとするものです。

福島県では、9月14日~19日の6 日間にわたって、奥会津会津若松猪苗代郡山相馬いわきの6ヶ所で野外ロックフェスティバル・LIVE 福島が行われたのを皮切りに、10月31日には飯坂温泉で、美人コンテスト・アジアン・ビューティー・フェスティバルが開催され、11月13日には、東日本女子駅伝、そして、本日20日には福島県の市町村対抗・ふくしま駅伝と、およそ復興には直接つながるとは思えない派手なイベントばかり行われています。

これらのイベントに、主催、共催、後援として名前を連ねているのが、各自治体、市長会、町村会、教育委員会、スポーツ振興関連団体、そして福島の新聞、ラジオ、テレビ。

中でも、福島民報社は、必ずといってもいいほど、主催者、後援者として名前が挙がっています。

もともと福島県は、東北の政商・小針暦ニの地盤。

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.